訪問日:2017年9月30日

こんにちは!
今回は三春町鷹巣にあるカフェ「碧い月」をご紹介します♪

三春町の山小屋風カフェ「碧い月」までの小道

碧い月の場所は、福島ガイナックス(旧桜中学校)の近く。
少し奥まったところにありますが、きちんと看板が出ています。
駐車場もあり、5~8台程度は停められます。

三春町の山小屋風カフェ「碧い月」自然に囲まれた外観

駐車場から、自然に囲まれた小道を歩いていくと、緑に囲まれた山小屋風の建物が見えてきます。
まるで林と同化しているようですね(笑)

三春町の山小屋風カフェ「碧い月」お店へ続く階段

階段を上がって二階へ。
入口のドアを開けると、木のにおいというのか、独特の優しい香りがします。
靴を脱いでスリッパを履くスタイル。

三春町の山小屋風カフェ「碧い月」まったり癒される内観

決して広いとは言えない店内ですが、それがまた秘密の場所っぽくて好きです。
4人掛けのテーブルと、窓際の長いテーブルと、私が座ったのは二人掛けの小窓のそばのテーブルです。
山小屋ロッジ風ですが、リビングのような居心地の良さもある内装。

前に来たときは猫ちゃんが迎えてくれたのですが、この日はいなかったみたい(*´Д`)

三春町の山小屋風カフェ「碧い月」メニュー

碧い月のメニューはシンプル。
コーヒー、紅茶を中心としたドリンクメニュー。
そしてスイーツはおまかせケーキプレートと本日のケーキ。

私はおまかせケーキプレートとショコラ・ミルクティーをオーダーしました。

三春町の山小屋風カフェ「碧い月」おまかせケーキプレート

この日のおまかせプレートは、かぼちゃプリンがメイン、甘く煮た栗、カリカリのラスクが乗っていました。
添えられているのはシフォンケーキと、みかんのゼリー。
本格的な秋の訪れを告げてくれるような、季節を感じさせてくれるスイーツたち。

碧い月の特徴は「余計なものがない味」だと思います。
濃厚なスイーツとは違う、優しい甘さを一口ずつかみしめて味わうような感じ。
スイーツは、決まったレシピが無いそうで、毎回違ったアレンジがされているそう。
いつも旬の素材を使っているため、いつ行っても違いを楽しめるのが嬉しいですね。

ショコラ・ミルクティーは、濃すぎない紅茶に、惜しみないミルク、ほんのり香るチョコレート。
ほっと落ち着くひと時を与えてくれます。

自然の中に囲まれて、現実を忘れられる特別空間。
お気に入りの本を片手に癒しの時間を過ごす、そんなまったりとした休日にいかがでしょうか?

カフェ 「碧い月」

所在地 福島県田村郡三春町鷹巣水上111−4
営業時間 11:00~18:00 (冬季間 17:00 ラストオーダー)
定休日 水曜日
駐車場 有り
電話 0247-62-3420
席数 12席(テーブル12席)

【ホームページ】https://www.cafe-aoituki.jp/

こちらのホームページに、碧い月の素敵な店主さんの日記などありますので、ぜひ読んでみてくださいね( *´艸`)
また、店主さんによる絵本の朗読会も定期的に開催されていますのでぜひチェックしてみてください!